アンブログ | WEB制作会社アンのメンバーがお届けする情報メディア

アンブログ/株式会社アンのスタッフブログ

デザイン テクノロジー ノウハウ

【直感的に使える動画編集アプリ】 Premiere Rush CCを使ってみた。

 

こんにちは!新人デザイナーのアンです。

最近は、Youtuberなど新しい職業が生まれるほど、大人気の動画コンテンツですが
普段の生活の中でもスマートフォン内のサイトやアプリを見ていると「動画」のコンテンツが非常に増えているなあというのをひしひしと感じます。

先日、【一般男性が人気ユーチューバーに!】Youtubeで服を売る男の成長劇が凄まじいという記事の中でもご紹介しましたが
動画を商売の1部として利用する人も最近は増えてきています。

動画は1コンテンツとして非常に重要視されるものになりとても注目を集めています。
今回は、動画がとっても簡単につくれるという情報を聞きつけ、
Adobe初の動画編集アプリPremiere Rush CCを実際に使ってみましたのでご紹介します!

 


動画編集がめちゃくちゃ簡単!Premiere Rush CCとは

2018年10月15日、Adobeは各種SNSへの動画投稿に特化した動画編集アプリ「Premiere Rush CC」を発表しました。
すでにWindows・ macOS・ iOS版はリリースされており、動画をつくる新しいツールとして非常に話題になっています。(Android版のリリースは2019年になる予定。)

今まで、動画の作成というと、AdobeからでているものはAfterEffects、Premire Proなどが主流でしたが多機能・高機能すぎて、なかなか使いこなせず挫折する人が多くいました。

これに対して、このPremiere Rush は「より直感的に」「簡単に」編集が可能になりました。
操作がとてもシンプルで、動画音の切り貼りやカラーやオーディオの調整、テキストの編集など、動画コンテンツを作成するのに必要な作業が一通り行えます。

さらに、iPhoneやiPadで作った動画は同じCC内で同期してPCなどでも開くことができます。

SNSへのアップも簡単

さらに、YoutubeなどのSNSのメディアへの投稿も簡単に設定ができます。
サムネイルの作成や、スケジュール投稿、複数のSNSへもワンクリックでアップができるそうです。

モーショングラフィックテンプレート

さらにおもしろいのはプロが作った、モーショングラフィックスというテンプレートを呼び出すことができることです。
モーショングラフィックスアーティストが After Effects または Premiere Pro で作成したテンプレートです。

つまり、プロがデザインしたテンプレートを使用できます。

このようなグラフィックテンプレートを利用すると、タイトルや画面下部タイトル、エンディングクレジットなど全体的な見栄えを向上できます。タイトルインスペクター内の使用可能なテンプレートの中から適切なテンプレートを選択することも、Adobe Stock の数百点におよぶテンプレートの中から目的に合ったものを探すこともできるそうです。

実際につかってみた

私が使っているiPhone8でPremiere Rushを実際につかってみたので ご紹介します。

①アプリをダウンロードする。



Appleストアで「Premiere Rush」を検索します!すぐに出てきました。
Adobe Premiere Rush CC

 

②ログインをする。
Adobe Cleative Cloudのアカウントを持っている人はここでログイン!持っていない方は新規登録をします。
価格は個人版で月額980円、グループ版で月額1,980円。Adobe Cleative Cloudユーザーは、月間利用料の中で使用できます。

③メディアを選んで新規プロジェクトを作成



メディアを選んでプロジェクト名を入力すると簡単にプロジェクトを作成できます!
今回はサンプルメディアがあったのでこちらを使用します。ビデオは3つ以上選択します。

④ビデオ編集画面へ



ビデオ編集画面がこちらです。iMovieを使っている人だと馴染みやすい画面構造のように感じます。
オーディオの調整、長さ調整、トランディション、などが調整できます。

⑤文字も入れられる



もちろん文字も入れられました。
文字間や塗り、シャドウなど結構本格的なところまで調整できます!

⑥書き出しは右上のボタンから



右上の書き出しボタンから書き出します。
あっという間に書き出しました!今回は30秒くらいの動画でしたが4秒くらいで書き出ししていました。

 

⑦SNSのアップも簡単。



書き出しがおわるとSNSのアップのボタンがでます。
アカウントを登録しているとこちらの画面からアップできるようです。
Youtubeへもアップも簡単です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
私はいつもパソコンを開いて動画編集作業をしていたので、移動先などで簡単にできるこのアプリは本当に便利そうだと思いました。

操作内容が慣れないうちは少し大変かもしれませんが、慣れればこんな神アプリはないように思います。

是非皆さんも使ってみてくださいね!